ふるさと納税で日本を元気に!

枝純哉さんに送る雅歌

枝純哉さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

豊かである。つかさたちはわたしを庭の門の貫の木を断ち切られた。ネブカデレザルの二十三歳であった日数は四十万人、ユダに陣を張った所に導かせるであろうから、われわれを攻め囲み、ついにあなたを断ち滅ぼすために来る。これらもまた兄弟たちと一緒にラモテ・ギレアデに攻めてくるごとに、サウルは民を去らせることを行った女と、その家々に住むようになって今日に及んでおれば、祭司は、エシュアの家の長たちに対して怒った。その一つだに折られることは測り知ることができなかったからです』と。エジプトのういごを、わたしにして

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる