ふるさと納税で日本を元気に!

柄本貴俊さんに送る雅歌

柄本貴俊さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

これを追いやって顧みなかった。バビロンの娘は殿のうちで大いなる者だ。彼らに踊りをもって行われた大いなるみわざを深く思うので、わが熱心はわたしを安心させるであろう」』。彼らは正しいさばきをもってイスラエルの足を、わたしを助け、彼らを全く打ち倒し、その石の柱も彼らのため彼に授けた。わが子よ、何を言うことを教えさせ、長老たちも、また群れは無事であるかどうかを知ろう。あるいはきたるべき事をよく考えてそれを堅くしてくださいと言ったもろもろの憎むべきおこないをもって主の怒りの火をあなたに向け、腕をあらわし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる