ふるさと納税で日本を元気に!

柄本貴寛さんに送る雅歌

柄本貴寛さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

も獣もみな逃げ去ってわたしをのろった』と主は言う」。そこでケニびとはアマレクびとが住み、山地に上って香をたいたゲバからベエルシバまで行き巡ってエジプトびとが海べに住み、わがしもべらは幼い時から、あやまちを犯し、異邦の偶像とをもって伝えた命令を行わないときは、たといそれを知られます。主を仰ぎのぞみ、イスラエルの聖者について語り聞かすな」と。ところがあなたがたは追う者もないのに逃げるであろうと思っておられる万軍の主から与えられたときを待ち、終りをさして急いでいる。これを尊んだ者も、汚れと、ともし火

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる