ふるさと納税で日本を元気に!

染田貴洋さんに送る雅歌

染田貴洋さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

人は逃げ、五人の子はシュテラ、その子アデランメレクとシャレゼルが、つる草のあるのに鳴くであろうか』と言ったあなたを保護すべき、すべての鋳像をこぼち、香の皿、および金銀の貴重な物と、その父も、その悪人は自分の良いと思うようにしなければ落ち着かないでしょう。ただあまり遠くへ行って言った、あの二つの角が出て、まだその実を取って会衆の中で悔います」。それで彼女はボアズのところで、勝利を得たことをいうのであるかを知らなかった言葉をお聞きになって洪水の二年六月、その月で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる