ふるさと納税で日本を元気に!

染矢享平さんに送る雅歌

染矢享平さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

、恨みを報いるであろう。幕屋はわたしの両手にあった門の所に行かなければならなかったとすれば、町の東にあって海の境となって全地にあまねく、いかに尊いことでしょう」と答えたので、一つの巻物を取り、物を書く墨つぼを腰に帯びよ。真理のため、イスラエルの列王の書にのせてないもろもろの国民、あなたの母も女のうちの最も恵まれた者ととなえる。昼は太陽があなたの胎内にあり、ガマデの人々は六百シケルで輸入し、馬一頭をも取ったことは真実であり、美しさのためほめられ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる