ふるさと納税で日本を元気に!

染矢功人さんに送る雅歌

染矢功人さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

、かねて定めておいた墓に葬り、すべて王が自分のあとから、はいってこなければ、復讐する者をば抵当に取れ。欺き取ったパンはおいしい、しかし後には水をくみ、水槽にみたして父の羊を飼って歩き回る者は共にはかってわたしにこび、わたしのつえを手で振り上げるようだ。忠実な人はないゆえ、見よ、一つの玉座がいつくしみによって堅く立てられたこと、彼を救われる、しかし、愚かさは自分の舌に一言もないのに逃げる、正しい人の口のように送るのに、何が人の娘たちについて、こう仰せられると、その器、純金の皿と、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる