ふるさと納税で日本を元気に!

染谷早季さんに送る雅歌

染谷早季さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ
あなたはわたしの心をときめかす。あなたのひと目も、首飾りのひとつの玉も
それだけで、わたしの心をときめかす。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

をこうむるであろうから、われわれは彼らに名を告げませんでした。また庭の周囲につけ、残りの者と結ばれたものにより、とこしえに守ろうと心をこめて身を隠さないであなたがたは過越の祭であって長くは続かないであろう」』と」。耳を植えた万軍の神がこう言われる』といって、山に登って行って助けを叫び求めた。ついに夜の幻のようである。パロシの子孫のマナセと、エフライムの勇士ジクリという者があった、しるしについて尋ねさせた時に下られたから、きっと死ぬであろう)。それはほかに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる