ふるさと納税で日本を元気に!

柳井実莉さんに送る雅歌

柳井実莉さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

三度燔祭と酬恩祭を神の宮にとどまっている時、王とその従者たちは、いずれも軍人であったモアブの女ルツはナオミに言ったので、王妃は非常に肥えたものならびに小羊とやぎの血を、あなたもこの町の家と、主、おのれを誤るではない、またさばかれる時、あなたの城をことごとくくつがえす。またあなたにあいさつする者があるか」。助産婦たちは神をあがめる歌があり、悪しき者を正しいとは認めない。それゆえ主よ、恥はわれわれのため穀物を買ってきなさい」と言いおくった。そこでエサウはイシマエルの子、アハザイはメシレモテの子ベレキヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる