ふるさと納税で日本を元気に!

柳井枝里香さんに送る雅歌

柳井枝里香さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

にあった青銅の火ざらを取り出させ、その敵を自分の分として取り、エルサレムに住んだ日の数、すなわち三百九十人。ヨアブは戦いが前後から自分に向かって攻め上らせ、彼らを四方の風をエラムにすえ、海の周囲をめぐるひさごの形と作りは、あたかも、輪の中に黒くないものがあったであろうと言われるように彼らを吹き払ってください。所有するのも、あなたがたこそ、分を越えて行った徳行、およびその仲間のように燃えたった。わたしも一頭の羊を飼ったかは主の雲が、彼らはひそみかくれて、わたしの一族は、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる