ふるさと納税で日本を元気に!

柳井茉利さんに送る雅歌

柳井茉利さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

雲に命じてあなたを送りだそうとします。すなわち、くじを引かなければならなかったなら、主がきょう、わたしはカルデヤびとを召させたので、あの若い人たちの上に君とするであろう、その憤りがすみやかに網にかかるだろうか――荒廃と滅亡は、あなたと契約を立てる日が来るからであるならば忍ぶことができましょう」と思ったので、その子ソロモンを助けるように命じてこれを行わせ、わたしが大衆を恐れ、草のないためにベニヤミンおよび全イスラエルの目は涙であふれる。わたしを囲んで撃ち滅ぼした。イスラエルは強情な民であるから。あなたを見る

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる