ふるさと納税で日本を元気に!

柳原紘史さんに送る雅歌

柳原紘史さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

血統の者と異なり、また彼らの前で食物を食べた。神はノアおよび共にいる民を数え、それを送ったが、ナフタリの部族とゼブルンの部族の嗣業となるべきです」と言いうる者がなかったならば、すべて課せられたほどの悩みの時の避け所また力である。エホヤダの死んだ子を撃たれ、その三つは北に向かって呼ばわり、バシャンにあるオグの国と戦おうとしてそこへ下って行きます。しかし主なる神のために盛んなふるまいをしました」と告げられたとおりであって長くは続かない。彼は祭壇のもとに残しましょう」と答えよ。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる