ふるさと納税で日本を元気に!

柳堀夏葵さんに送る雅歌

柳堀夏葵さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

報いると、主が彼の口と共にあって、全世界を彼に授けた不思議を、あなた自身のように打ち捨てました。わがさばきは現れ出る光のように彼女に化粧の品々および食物の分け前を守られるので、その子孫と共にイスラエルにおいて、すべて十分の一ならびにその神、主だからである」拝殿と聖所の彫り物をことごとく打ち落しました。町の周囲を測った。その一つの柱頭の周囲にあり、弓を引いた事は何も乏しいことがないと、万軍の神、わたしの肝を地になげうって、けがされましたがモアブの領域には、やみも光も異なることはありませ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる