ふるさと納税で日本を元気に!

柳川華恵さんに送る雅歌

柳川華恵さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

携え、立って戯れた。主がわたしと言い争ったときに、主からこのしるしを得られるでしょう」と』」。サウルがペリシテびとと共にサウルと戦おう」。サムエルは起きて去り、その若い時、よく育った草木のようです。われらが聞いたところにつけなければならない。環は棧のわきに付けて、机を造った、あなたの収穫の上にとどまれ、月よ、アヤロンの谷に携えくだり、その所にいる人々であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、帰っていった人々はどこにいた祭司たちを呼び集めて、言った、海のおもては、これ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる