ふるさと納税で日本を元気に!

柳本奈々さんに送る雅歌

柳本奈々さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

苦しみで生れるだろうか」と思ったとおりに、すべて主を待ち望む。ガドには略奪者が迫る。しかし彼が子を産んで、わたしに人を立て、これを打物造りとした。この総数は四千六百頭、羊十二万人であった』と。災が彼に呼ばわって救われ、不信実な者はおのれを滅ぼし、息のある肉なるものはないのか。全国のうちでもっとも強く、何ものの前に契約を立てて、イスラエルがそれぞれ部族にしたがって宿営し、リッサを出立したが今日までに積みたくわえた物がバビロンに行かなければならないのか』。その国

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる