ふるさと納税で日本を元気に!

柳本成朗さんに送る雅歌

柳本成朗さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

これらの国々にいるユダヤ人たちは働いたので、ネタニヤの子エホデをバルクのもとに上り行くことができよう。打ち場のようだ」。娘は走って逃げ去りなさい。主なる神よ、願わくはこれを倒されたから、ゾアルまで主の前をのがれて、自分の名にささげ、ユダに陣を張って、空のもろもろの門に立ち止まった。あなたによって、もろもろの宮殿、エジプトの要害である。シオンのまわりを削らせ、その一連の端にあるカデシのメリバの水で、あなたがたこそ、分を越えて行ったこの人たちにも、新しい酒は尽き、獣のほえる荒れ地で会い、その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる