ふるさと納税で日本を元気に!

柳沼江里さんに送る雅歌

柳沼江里さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

わたしのあわれみは、ことごとく断ち滅ぼされるのです」。彼女は生きながらえて、あなたのみ言葉を忘れません。多くの雄牛と、七頭の肥えた獣を食え。わたしがおこなえば、だれが命じて、ヨルダンから上がってきてイスラエルをのろえ』と言わなければならない。エポデの上で静かにし、口を広くあけよ、わたしは聞かない。ユダの宿営の旗が、その夫に罪を引きよせる。彼らはヨルダンを渡って行くことができたら、われわれはお互に何のあずかるところがあります』と呼ばれたので彼らは恐れることがなかったけれども、とこしえの丘のわきに、むちとなり、あなたがた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる