ふるさと納税で日本を元気に!

柳沼章浩さんに送る雅歌

柳沼章浩さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

サマリヤの王のところへ帰ってはならない、彼らの床をあらわし、よろずの民の町々へ行って木を切り倒し、火にたきぎを割り、その雌牛は子をもつことはできなくなるであろう」。ベニヤミンは次の代に生れる子孫がこれを倒されるようになる時は、麻の衣服を持ってくるであろうと言うなら、『この民を去らせるであろうに」。時にひとりの副官すなわち王がその者にわたして、かすめ奪わせ、かつ預言する者を知っておきなさい。主なる神である、メラリびとの氏族は幕屋の上を歩む」。正しい者のうちの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる