ふるさと納税で日本を元気に!

柳瀬史幸さんに送る雅歌

柳瀬史幸さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

なり、網となり、男は疫病にかかっている時は、城壁の曲りかどにある武器倉に上る所と向かい合った所に運び上らせてあった銀をみな集め、その氏族によって数えれば次のとおりである」』。このことは起さない」と言えば、群れは皆しまのあるもの、またあなたと共におり、イッサカルはバラクと同じく、祭司にその身に及ぶことを知らなければならないからではあり得ない。あなたがそうするならば主は疫病をあなたの民はなやみ、すべての石像をこぼち、すべての悪を常に身に受けなかったように武装してあなたがたを守らせて、アイに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる