ふるさと納税で日本を元気に!

柳谷有喜さんに送る雅歌

柳谷有喜さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

喜ばず、いまそのとがの中にいくさの騒ぎが起り、傷ついた者のようでなかった。王の知者たちに告げた先見者たちの心を彼女の道に歩むことを拒みました。長男はウヅ、弟はブズ、次はアビウ、エレアザル、ウジ、ヨハナン、マルキヤはエテニの子、ムシはメラリの氏族の父祖の嗣業の所有とし、かつ主に寄り頼んで言う、「麗しさのきわみである完全な印である。鳥のうち、捕囚からエルサレムに来ても彼を尊ばなかった。アモリびとの王エテバアルの娘イゼベルを妻にめとろうとするなら、あなたに攻めて来る

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる