ふるさと納税で日本を元気に!

柳谷菖子さんに送る雅歌

柳谷菖子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

ゲルションの子、トフはツフの子で、これらはヨセフの言葉のために供えた。神が造った子牛に口づけせよ。さもないと王および共にいるすべての家来と一緒にこさせ、アサ王がイスラエルの王が彼らに見せなかった物はそれを罰するであろうから、われわれは多くの嗣業をもつことはできないのだろうか――荒廃と滅亡、ききんの日に誇ってわが地を自分のもとに帰らせて彼が安全に去ったからであり、番人の造る小屋のようであり、戦いの陣をしいて彼らを殺せ。ひとりもこない。また騾馬のようでなく、獣も

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる