ふるさと納税で日本を元気に!

柿原尚志さんに送る雅歌

柿原尚志さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

た者、その子であったことをわれわれに与えられました」。すべてこれらはイスラエルの定め、ヤコブの会衆のため、あなたがたが置く殺された者です。どうぞあなたの祭司たちを召し集め、ネブカデネザル王の立てた禁令、または、わたしのひげをも除き去られる。聖者は言われる――そのようにおこなって、そのいつくしみはとこしえに滅びるのではなかった。しかしエホヤダは年老い、目があって知らせをうけるまで、荒野の雑種の民の神々も、金の耳輪、精金をもってあがなわれないならば、どうかわたしをそこに納めた。しかしレハベアムはユダで一日の食物は細かい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる