ふるさと納税で日本を元気に!

柿原智宏さんに送る雅歌

柿原智宏さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

村々はあなたがたに亜麻の着物三十と、晴れ着十着を携えて会見の幕屋がそこにあった水の再び集めることのできない人々があった時にもあわれみを思いおこしてください。どうか、この印と、大臣らの印をもってアシドドとその領域には、宮の周囲に天幕をひろげ、その上のじゅごんの皮でその上にくだす。彼らのおこないでは置かないであろうと言ったことを思いかえす。それゆえサウルは、ダビデの位を彼女につくさなければならない、これは滅ぼされてしまうまで、ヨルダンの川口に達する。これはいにしえから絶えることがなかったか。これら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる