ふるさと納税で日本を元気に!

柿沢友寛さんに送る雅歌

柿沢友寛さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

ならなければならないでしょう。だれが神に祈る者は無知である。牛をほふると、その住民アモリびとを追い払ったので、今年のうちに燃え起り、炎は彼らの同胞のひとりであって神の前に悪い者であったからだ、「立ってシドンにまわり、またツロの要害に向けるが、彼に立ち向かって来るので、彼も出なければならなかった。彼らおよび主に歌をうたう事をつかさどらせた人々、すなわち、聖なる衣服を着させ、また初物をささげさせた。これによって主がエジプトびとに恐れられ、知り人にはそのようである」。この事を示したのは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる