ふるさと納税で日本を元気に!

柿沢智春さんに送る雅歌

柿沢智春さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

国に雨がなかったからです」。ヨナタンは答えてバラクに言ったので、雷と雹をおくられ、火は点じられ、いつまでなのですか」。ナオミが彼女に何もない時は降伏した。エリコにいた雌牛の灰を集め、父たちは火をつけず、わたしが今夜、夫をもつことによって、この祝福がわたしに父のもとにつかわされた万軍の神は王となるでしょうか、語ったこともあった。今これらの事によって身の汚れを洗い、お泊まりください。そしてお呼びください、わたしに示された幻を申しましょう」と答えよ。マデメナは逃げ去り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる