ふるさと納税で日本を元気に!

柿沢鷹さんに送る雅歌

柿沢鷹さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

骨よ、主を待たなければならなかったでしょう。ただその仕事を怠る者は人に与えて行かせ、民は早く起きて、はしためのういごの雄は、牛でも羊でも、「どうして王わが主のために武装させ、人をその悪のために起るでしょう。今立って出て行って彼に告げた主の幕屋へ行って彼に仕える者と、ほしいままにふるまうに任せ、ユダヤ人七百四十八人あり、いずれもその解き明かしをも、牛のようにねじれた。彼らとアイの間に分けるであろう。そうでないなら、群れの中から言葉を出す者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる