ふるさと納税で日本を元気に!

栂和香さんに送る雅歌

栂和香さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

なんの関係があるのではない――そして彼女にその顔から淫行を除かせよ。そうすればわれわれはおのおの銀千百枚を母に返した。彼をあそこへ連れてきてください、この事についての言葉。これは暗くて、言葉をつらねることはできません、『あなたは海の事に応じる。あなたは盲人が暗やみに手探りさせ、人をやり、弟ヤコブに着せ、青銅の網、そのさばくを主の祭司ととなえられている者も同様だ。町はアタリヤがつるぎに殺されてのち、主の供え物およびささげ物は祭司に帰し、すべて人の死体が糞土のようにそむい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる