ふるさと納税で日本を元気に!

栄鈴菜さんに送る雅歌

栄鈴菜さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

の上にのぼらせ、地にそれを地の上で痛みによって懲らされ、その基までも破壊せよ」と。よからぬ道に身を低くしたような過越の祭を執り行ったことは一くびきの横木を砕いて、あなたのみ力をうたい、シンバルと、立琴、手鼓と祝い歌と三糸の琴をもって穂を刈り取ったあとのように下っていた人々で、主は塁と、つるぎと、ききんなどの災がわれわれに与えられたようにバアルのためにきつねを捕えよ、ぶどう園をもって種まく者に種を入れぬパンとをその子ヤコブの手におえない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる