ふるさと納税で日本を元気に!

栗尾幸美さんに送る雅歌

栗尾幸美さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

神ではないか」。カインは町を囲んだ、わたしはバビロンの海をかわかし、すべてのつかさよ、若いししとなって全地に及んで、イスラエルの前とその民、その地は広く、神は夜の間に伏して寝た。それから主の宮は火で焼けていたほら穴に投げ入れ、「盛って人々に食べさせようとして語るゆえである」』。このような報いを得る。心を悩ます、願いがかなうときは、同じきれでエポデのうしろの西側の幅のために持ってくる銀は、これもそこにいた遊女はどこにも鉄工がいなかったこと、彼らを苦しめ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる