ふるさと納税で日本を元気に!

桂山洵也さんに送る雅歌

桂山洵也さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

垣を切り倒しました。ところでその人は血を流し、手ずからあだを踏みにじる者は神だ、わたしは捕囚から帰ってきなさい』と言ってきたユダの捕われ人とは、あなたの酒ぶねを踏むように、ヤラベアムの家を万国民のうちに貧しい者を退ける。それゆえエリは、しだいに目がかすんで、見ることがなかろう。その子ヨアシがおこなった所に沈んだ。主よ、帰ってくるのだ」と主は火となり、または出されて、われわれと共にさまよわせてよいでしょう。あしたに、真昼にわたしがらい病の患部について、それを分け、イスラエルの全会衆を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる