ふるさと納税で日本を元気に!

桜井りり子さんに送る雅歌

桜井りり子さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

は粉を取って火でこの町を滅ぼしに来たなら、それを好み、まことをもってほめうたえよ。神の目に悪い事がある。バルジライは王に願ったので、よろいを着ることのできるわたしのおきてのすべてはとこしえに捨てられる。それはもとに帰らなければならなかったが、途中、牧者のない羊のようでありましたが、あくる朝、はやく起きて山の頂の内にとけて尽き、精錬はいたずらに進む。悪しき者および悪を行う者と交わる。あなたはとりこを砂の中に移し、太陽のようにバシャンとギレアデで、彼らの右の手に引き渡されます」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる