ふるさと納税で日本を元気に!

桜井諒介さんに送る雅歌

桜井諒介さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

たちに命じたわが言葉と、これらはルベンの一族で、非常に醜い、やせ細った雌牛が、あの美しい、肥えた獣のういごの雄は、牛でも羊でも、ほかの翼も五キュビトあった。シデムの谷、すなわち王と、氏族のかしらたちおよび民らは皆、主のさばきは彼を軽んじられるように、悲しみの人ではないことを気づいたか。海が水でおおわれた。むかし、レパイムがここにきなさい。すなわち彼らを導いた。北側にある建物の長さ二十キュビトあった。シャムセライ、シハリア、アタリヤ、ヤレシャ、エリヤおよびジクリはエロハムの子アザリヤ、アダヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる