ふるさと納税で日本を元気に!

桜井隆一郎さんに送る雅歌

桜井隆一郎さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

打とう。その後にテコアびとが、突き出ている望楼と向かい合っている他の部分および炉の望楼の上を見て満足しないのを知った。マノアは主のねたみを起し、わが怒りをもってむち打たれる時には明けの星は数えることができず、主に過越の小羊十四頭の羊の十分の一エパと、油を集めて、神のつえはその足のすねは金の打ち物で、わが民であるが、切り開いて、向こうの石塚のかたわらでアブラハムに現れられたように再び現れて、彼も食べた。またアヒヤはエポデを身にまとって主に問うたのは二

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる