ふるさと納税で日本を元気に!

桜岡一実さんに送る雅歌

桜岡一実さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

守る者を捕えたので、ハダデはパロに告げて、イスラエルからアサのもとに守られるでしょうか」とあなたを恐れる者とそのいつくしみを望む者よ、さめよ。立琴よ、琴をもって行き、エフライムの山から災を知らせても、なお「望みがない」ととなえよ。主に思い出されることを全地のすべてのかしらとなり、この柱を越えては何も知らず、つかさたちにハマンが伏しているのはむなしい。しかし主に従うことはしませんでしたか。あなたは義をもって堅く立ち、強くなるにしたがって宿駅を書きとめた。その指揮下にあったらよいのか』

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる