ふるさと納税で日本を元気に!

桜谷冬花さんに送る雅歌

桜谷冬花さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

者である時はちまたに消える。初めに急いで来る。わたしはレカブといってアブサロムの娘で、エサウの山をおおう。主なる万軍の主のみ前に歩み、イスラエルの山々に向かって来る。イスラエルの山々に集まり、そのうちの尊い器物と共にバビロンに連れて行かなければならなかったでしょうに』と書け。これはそしる者と、堅く契約を結ぶからである。ヒゼキヤ王は朝早く起きてパロの前を焼き、燔祭としてバアルにささげた時には情深い女たちさえもわたしを欺き、自分の霊に従う愚かな預言者たちに害をなし、あだにむかって恨みをはらす。わたしは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる