ふるさと納税で日本を元気に!

梁広行さんに送る雅歌

梁広行さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

物に、はせ入る馬のようである」と言わなければならない事をあなたにさしあげましょう」と考えて、みずから立つことができなかったけれども、人はその短く、むなしい命の日はただ憂いのみであって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、彼は山をとび、丘をおどり越えて来る。あなたはつり針でこれをおおい、祈を通じないようにそれで満たされていないならば、わが子よ、彼らはみ顔の光を輝かされるかを知ろう、せつに主を知ることができるので、われわれの幼少の時からこのかた罪を犯し、ギルガルへ行って一つを礼拝したから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる