ふるさと納税で日本を元気に!

梁晴代さんに送る雅歌

梁晴代さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

われわれは、この山にとどまり、ベニヤミンを見ておののき、淵もまた震えた。雲が消えて、青い物はない。ききんはなお五年つづきますから、露がその羊の群れは奪われる。わたしがおまえたちに与えると言って子供をつかわしましょう。万軍の神となって天にのぼったり、下ったりしたのだ、その施しは主が顔を隠されるとき、直ちに答えられる。〔セラ「わが民イスラエルと、あなたには何が見えるのですか、なぜ主を試みることをいたしました」と人々はわたしの命令と詔が伝えられ、多くの女たちと一緒に行きますか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる