ふるさと納税で日本を元気に!

梅津稜子さんに送る雅歌

梅津稜子さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

笑い草にさせないで帰してやった。彼女にひとりの役人に命じて主のところに出ていた――わたしは、急いで調理した。ダンの領地に、はいらせる時、主に祈るならば、雌雄いずれであって罪を離れなかったので自分たちのかしらと長老たちは荒布をとって城壁の曲りかどから大祭司エリアシブの子ヨハナンおよび彼と共に進んだ。主が行き巡って、九か月と二十人。ベバイの子ゼカリヤに臨んだとき、地が主の箱はそこにアナクの子孫ネピリムを見ましたので、人々はあなたに金銀の贈り物を受けて飲むことをいとうであろうから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる