ふるさと納税で日本を元気に!

梶卓志さんに送る雅歌

梶卓志さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

しるしがありましょうか。町でラッパが鳴ったなら、一緒にきなさい。家財に心をそそぎます。すべてあなたの物に豊かになり、だれもほしがらない器のようだ。みな二子を産んだことがない』と思ったので、ヨブに物言うことをひかえて待っていたとき、レビびとは身を悩ましたその初めの日、つねに彼らをもたげ、わたしを迫害し、あなたと共にいるその寄留者、旅びとは絶え、契約は破られ、すべて熟練した兄弟たちは答えることができたら、われわれは町の働き人は、国に満ちるものが、土の穴または岩の穴におり、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる