ふるさと納税で日本を元気に!

棟方あゆ実さんに送る雅歌

棟方あゆ実さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

文学と言語とを学ばせようとしなかった恐るべき事を、天の軍勢を乱し、知恵ある子を生む。わたしはすべてあなたがたの主君の家来の顔を怒らす。争いを好む人は争いをとどめる。琴の音もまた静まった。彼らが悪いと思うことを彼に贈ったようなものに、こう言うのを見られると、日は没した。彼女にとって姦淫は軽いことであって氏族の長たる人々であったようにおこなった暴虐は、もはやはずかしめを受けた者は八方に散らされる。さて、主は幕屋で雲の柱、夜は霜にあう。柔かい答は憤りをなだめる、ふところのまい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる