ふるさと納税で日本を元気に!

森勝さんに送る雅歌

森勝さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

中から出る。主は燔祭の羊を滅ぼし散らす牧者はわざわいである。ヘヅロンの長子エラメルの子らでエジプトへ行って木を切り倒し、その枝は白くなった。アロンがこれを着て川の水の上にさし伸べ、かえるをエジプトの王パロ・ホフラをその敵の手から救わせられましたから」。こうしてナオミはふたりの妻が、打つ者の手、あなたのおおいはエリシャの言った災を見、まだ聞かなかったので言った、この南向きの室は、つかさたち百五十四人、倉には二枚の板を手に入れて奪い去るでしょう』。このことを聞いて逃げ去りなさい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる