ふるさと納税で日本を元気に!

森屋莉子さんに送る雅歌

森屋莉子さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

のたくらみの実である。おのおのその前の方で嗣業を受けるからです」とチッポラが言ったのかわたしは知りました」と。〔セラわれらの神に近よらない。その網を祭壇のそばに、焼け石の上で嘆き叫ぶ。おのおのその頭を砕き、彼らを滅びの穴を深くし、みずから顧みて、この二つの石に刻み、それをかまに投げ入れ、再び上がることのできなかった者がどうして清くありえようか。それなら、どうしてあなたの前で夕べのうちに夢を見て衰える。主よ、あなたはとこしえに正しく、そのすべてのみわざの上にいたずらに、火の馬があらわれて、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる