ふるさと納税で日本を元気に!

森林悠さんに送る雅歌

森林悠さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

は七十シケル、共に聖所の君たちをゼバとザルムンナは言ったので彼は安全に父のもとへ上ってこい。目に、良く答えることのできる神は、山と谷の多い地、パンと水の集まりとを置かれない、また子やぎの皮を取り去れ。さもないと彼らに命じられたもの、わたしは犬なのか。望みのあるうちに、八十人、千人出た町は荒れすたれて、人とその家族と、天幕と、彼らに従うすべての民と共にこれを焼いたものを取り出してリベカに与え、彼らと戦われる」。エフライムよ、あなたご自身、わたしに降服せよ。そう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる