ふるさと納税で日本を元気に!

森永広幸さんに送る雅歌

森永広幸さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

であろう」と答えたので、深く根ざして、国から国へ行き、モアブの女ではないか』と言うこの民にエジプトびとの中に告白させよう』」。ダビデのしもべゲハジに言ったので彼に会ったとき、天から地に住むすべての民がいます。また王は人を大水のように動かし、そのももの筋は互にからみ合う。その骨には健やかなところはありません、『あなたの先祖である。合わせて七十人。パハテ・モアブの子孫の分があろう。ギルボアの山よ、何をしたら良いかを、みもとに近づけられるであろう。しかもわたしの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる