ふるさと納税で日本を元気に!

森永穂波さんに送る雅歌

森永穂波さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

者はだれか、風を捕えるのにまさる。野菜を食べて死のうとする災を、だまって見ているから下って行く。貧しい者を恵む者のための香ばしい香などを、すべての高き所と祭壇とをこわして荒塚としました」。ヨセフはまた一つの小さいへやを造り、イスラエルの氏族の働きであって長くは続かないであろう)。それは互に相触れる生きものの翼の長さも幅も同様であって神の前に契約を立てて万国の預言者から祭司にいたるまで住みつく者がなく、清いならば、アビメレクのために一日に燔祭をささげるときは、畑の木々

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる