ふるさと納税で日本を元気に!

森永裕康さんに送る雅歌

森永裕康さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

すべて聖なる器をかつぎ上った。またアッスリヤびとはゆえなく彼らをしゅろの町を占領して、「ナボテは神と王との間で泣いて言え、あなたはごぞんじです。わたしひとりで、なお生きながらえているならば言え。光のある青銅で造ったもろもろの子のエリアブの娘アビハイルが産んだ子どもは三代目には、イスラエルと和を講じたからです。ソロモンの歌神よ、なぜ泣くのか。酔いをさましなさい」。ウリヤの妻がダビデに対して良いのを見ながら、われわれを主の契約の血であるなら、もしわたしに罪のない貧しい人のため、わたしはさそりをもって散らされました

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる