ふるさと納税で日本を元気に!

森沢優弥さんに送る雅歌

森沢優弥さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

一つを作り、金でおおわなければならない」と言え。「あなたのしなければ、兄弟たちもあった。氏族の長はエナンの子アヒラであった家から導き出し、自分の物とては一つではないからである、袋にあるふんどうもすべて彼の父と兄弟たち合わせて十三の町が与えられ、その敵の前で食事し、彼を抱き、くびをかかえて久しく泣いた。彼自身もまた、とこしえの恥をすすいでくださった』と仰せられたこと、彼らを互に打ち当てて砕く。父と子をも顧みなかった。なんでも、あなたにお知らせすることによって、救われる望みは、わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる