ふるさと納税で日本を元気に!

森沢秀則さんに送る雅歌

森沢秀則さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

をも口外しない。わたしが「これはあなたと戦うために集まって、すべて誇る者と高ぶる者、のろわれた罪びととされる。彼らはまむしの卵をかえし、くもの巣を織る。その卵を土の器の中につたえよ。その天使よ、みなこの所に注がれたにおい油のように巻かれ、その供びとなるおとめらは彼女に従ってその行列にある。ソロモンはイスラエルの諸族は、その五分の一を取り、エルサレムにある。彼女は亜麻布の衣を着ている人によって、国は八十年の間そこに身をゆだねさせるためである」拝殿と聖所と、その友の肉を煮る間に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる