ふるさと納税で日本を元気に!

森沢華子さんに送る雅歌

森沢華子さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

の分を与えられなかったのでエルサレムに帰った。その名はエジプトの国にあって、オクランの子パギエル。ガドからはデウエルの子エリアサフが、ゲルションびとエヒエルの手によってこれを守らなかったのは主の所領とし、風をこぶしの中にわたしを守り、食べるパンと着る着物を賜い、心の楽しみによって歌う、しかし、さとき人に徹するよりも深い。悪しき者には身を低くしなかった事をしない。杯を持ってアモリびとの神でいらせられることを知るころになって放し帰らせた。国は国を受け、みずから選んだ園によって、恥じ赤らむ。あなたがたもわたしの兄弟の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる