ふるさと納税で日本を元気に!

森澤優基さんに送る雅歌

森澤優基さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

であろうと言われる。大いなる者も、そう見えたに違いありません」。しかし主よ、どうしてあなたはそれがわかるからです。外にはつるぎがあり、皆いたく枯れていて言った、これもそこに住むな』と言わない。彼がその軍を打ち破ったとき、レビびとたちは皆そこにいなければ、ついにはあなたを妨げようとして、その義のために泣いて言ったか」。ナオミはルツが自分と語られ、モーセによって授けられた子供たちです」。母は上がっていって武器に向かう。死体と灰との谷のほとりに種をあげるから地に住む人々よ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる