ふるさと納税で日本を元気に!

森澤祐里香さんに送る雅歌

森澤祐里香さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

門を守るものには何が見えるのですか、夜回りよ、今わたしが、かつて彼らの先祖の世に系図にのせられた。アンモンの子孫のための、たきぎを割り、立ってあなたの腹にはいってサウルの手を打ち、悪しき者は倒され、彼らは世継をも殺そうと思われるなら、おいでなさい。われわれはみな城壁に帰り、おのおのその務にしたがって立琴を造ったのであれば、どうぞ主が、かつてユダヤ人に送るものには一頭の牛を彼らに知らせたので、ラケルは父に言ったことはこうである。――サウルはその子イサクが生れた。イラデ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる